FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内版 Xperia Z3 / Z3 Compact で root 権限を取得してみた。 ( 401SO , SO-01G , SO-02G , SOL26)

自分はつい最近Xperia Z3を買ったのですが、買う前日までは「1クリックで出来るかな」みたいな甘いことを考えていましたが、いざ調べると「ブートローダーアンロック必須」という国内版端末完全敗北ということを知った。 この機種のroot化にも懸賞金が掛けられたそうですが、その方法がついに見つかったらしいです。

ちなみに参考源は ここのXperia Z3 rootスレッドの書き込みです。

方法は401SO SOL26 SO-02G SO-01G ともに一緒です。(というか大体の人がこないだのZ3Compact一括0案件で乗り換えた人ばっかりなので見てる限り02Gユーザーが多そうなイメージ.... 自分も一括0+キャッシュバックでSBへMNPした立場ですが)

このブログはアフィリエイトではないので大丈夫だと思いますが、問題あったら連絡お願いします。

ちなみに後半の方法は自分はZ1fで経験していて慣れていたので楽でした。

これから書く内容では二通りあります。

1 ... 海外版モデル D6606のままでrootが取れてればいい人向け(手順2まで) (逆に海外版のままでいいって人いると思うので)
2 ... 国内版のままの状態でroot維持したい人向け (おさいふケータイ、フルセグなどが必要な人(自分もこちら))

※どちらも途中までは手順が一緒です。


========
必要な環境 : ADB接続が可能な状態 || これがないと話になりません。
        : FlashToolを起動できる状態 (インストール方法などは割愛)
         

必要なファイル : 
1 D6603 /D5803のFTF

以下のリンクからダウンロード可能です。
初期ロム保管庫(初期ROM)

Xperia Z3 D6603 / Z3 Compact D5803 23.0.A.2.93のFTF

2 そして今回メインとなるrootkit

giefroot
※大きくDownload V?と書かれているところがリンクです。 (自分の時はV2)

※海外版のままでroot維持したいという方が必須になるファイルはここまでとなります。

続いて国内盤でroot維持したい方が必須となるファイル

3 国内キャリア版のFTFファイル (自分で作成される方は飛ばしてください
・作成しなくてもアップロードされたものが存在します。 すべての一覧が載せてあるのはここぐらい
初期ロム保管庫(初期ROM)

が、しかしダウンロード速度がかなり遅いアップローダばっかりなので、google検索などで「FTF名.ftf」などで検索してみると高速なダウンロードが可能なリンクがだいぶありました。 (自分の例 「401SO_23.0.H.0.280_SoftBank.ftf」でgoogle検索)

4 Z1fのprerooted.zip (cubecubeさんのもの)
ここからダウンロードできます。

5 リカバリ
ここから、自分の使用機種に合わせたもの(Z3C or Z3 ) ※ファイル名末尾が「installer」のものをダウンロードします。 「flashable」のものではないので注意!

6 7za (7-zip)
自分はZ1fの時で持っていたので書き忘れそうになりましたが、必須です。7-Zipのトップページよりダウンロード可能、多くのバージョンがありますが、「7-Zip Extra: コマンドラインバージョン」と書かれているものを選択してください。




root化方法

1 まず、先ほどダウンロードした Z3 23.0.A.2.93のFTFをFlashToolで焼きます。

20150127_01.png

※その際にExcludeで「SystemとKernel以外」全てにチェックを入れます。

接続を促すメッセージが出たら、本体が電源切れた状態で、ボリュームダウンキーを押しながらPCに接続します。
問題なく焼けると以下のようになります。

20150127_02.png

焼けたら端末を一度起動してください。

2014_pic_01 (1)

D6603(海外版Xperia Z3状態)になっています。 ※Z3 Compactの場合はD5803となるはずです。

2 root取得

先ほどダウンロードしたgiefrootを適当なフォルダに解凍
端末本体の 端末情報→ビルド番号連打 「あなたはデベロッパーになりました」メッセージが出たら、開発者オプションが出現するはずなので、開発者オプション→USBデバッグ、擬似ロケーション、スリープにしないにチェック、続いてセキュリティメニューから「提供元不明アプリの許可」にチェック

以上がOKなことを確認して、端末をPCに接続、giefrootのinstall.batを実行

20150127_03.png

こんな感じで進んで、端末の再起動、終了を促すメッセージで完了。 問題なく行けばroot化完了です。
(自分の場合は提供元不明アプリにチェック入れ忘れたせいか、上記メッセージで止まりましたが問題なくroot化できてました。)

2014_pic_01 (2)
SuperSUが入っています。


※海外版のままでいいという方はここまでで完了です。 ここからは国内版でroot維持をする場合の方法です。

一言で言うとZ1fとほぼ一緒です。

3 prerootedファイルを作成します。
キャリア版のFTFファイルと先ほどダウンロードした7zipの中から7za.exeを解凍します。
※ここからは自分の401SOとして進めます、自分の端末とキャリアで置き換えて進めてください。


上記のキャリア版FTFファイルと7za.exe、prerooted.zipを同じフォルダに入れてください。
※prerootedは解凍しないでください

20150127_04 (1)

続いて、Windowsコマンドプロンプトを実行

そこから、今のファイルが保存してあるディレクトリへ移動します。

20150127_04 (5 (1)



自分の例: cd C:\Users\ユーザー名\Desktop\tools (cd: カレントディレクトリコマンドはディレクトリ移動コマンドです。)

そこに移動した後、以下のコマンドを実行

7za.exe e フォルダ内のFTF名 kernel.sin   (自分の場合は7za.exe e 401SO_23.0.H.0.280_SoftBank.ftf kernel.sin)
7za.exe e フォルダ内のFTF名 system.sin (自分の場合は7za.exe e 401SO_23.0.H.0.280_SoftBank.ftf system.sin)

20150127_04 (5 (2)

同じフォルダに2つのファイルが新たに作成されていれば完了です。

続いて、FlashToolを起動、Tools →Sin Editerを選択

20150127_07 (1)

先ほど7za- eコマンドで取り出した、「kernel.sin」、「system.sin」をそれぞれEXtract dataで解凍、同ディレクトリに
「kernel.elf」、「system.ext4」が作成されていれば完了。

続いてprerooted.zipに解凍したkernel.elf、system.ext4を統合します。

先ほどと同じようにWindowsコマンドプロンプト→cdコマンドで作業ディレクトリへ移動し、以下2つのコマンドを実行

7za.exe a -tzip twrp_prerooted_Z1f.zip kernel.elf
7za.exe a -tzip twrp_prerooted_Z1f.zip system.ext4

20150127_07 (2)

ちょっと処理時間が長いですが、パーセンテージが進んでるなら問題はないです。

20150127_07 (3)

Everything is OKと出たら完了。

2つのファイルを統合したら完成です。

SDカード内にこのprerooted.zipを転送しておきます。

4 リカバリをインストールする
先ほどダウンロードしたlockeddualrecoveryを解凍します。
自分の場合はZ3なので Z3-lockeddualrecovery2.8.1-RELEASE.installer.zip(20150128現)です。

解凍したらinstall.batを実行

以下のようにメニューが出るので1番を選択

20150127_07 (4)

インストールが始まり以下のような画面が出たら完了! 20150127_07 (5)

自動的に端末が再起動し、リカバリが起動するはずです。

2014_pic_01 (3)

上記は自動再起動後の画面、ここから手動で再起動し、ボリュームボタン連打で二回目以降にリカバリを立ち上げると以下のようになります。

2014_pic_01 (4)

5 prerooted.zipを焼く

リカバリを立ち上げた上で、先ほどSDカードへ転送したファイルをinstall zipよりインストールします。

インストールに時間がかかるのでしばらく待った後に、Wipeメニューより、Wipe Cache 、Wipe Dalvikなどを行って完了。

再起動

※リカバリは消えます。 必要なら再度同じ手順でインストールしてください


※失礼しました。 端末でのSuperSUバイナリアップデートがうまくいかないため、アップデート必要な方はリカバリであらかじめ入れないと後からSuperSU本体が起動できなくなり、手詰まりになります。こちらのXdaのSuperSUページから最新版をダウンロードした後、install zipでインストールしてください。
Screenshot_2015-01-27-22-30-53.png

Screenshot_2015-01-27-22-30-29.png

Screenshot_2015-01-28-00-47-59.png

trrr.jpg



今のところ全て順調で問題ありません。 方法が1クリック確立前のZ1fの時とほぼ一緒だったのでなんか懐かしかったです。

====うまくいかない場合====

大体の場合がADB接続不可な状態で作業を実行しようとしてrootkit、リカバリインストールで手間取ってる人が多いです。
ADB接続環境の導入はさほど時間がかからないのでしっかりやっておきましょう。

自分の今回つかったFlashToolバージョン 0.9.18.4 





Z4....まぁ出るだろう、けどしばらくはこの端末で楽しんで行けそうです。

何かあればコメントへ。 (以前何故か、Ask.fmへ問い合わせがありましたがそこで解答することはしませんのでご了承を)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> とてもわかりやすいです!チャレンジしてみます。ひとつ教えて下さい。画面ではwipeはすべてチェックしているようですが、アプリのデータは保持したいので、wipeのチェックを外してroot化の導入は可能でしょうか?

コメントありがとうございます。 今忙しくて自分ではテストできないですが、おそらく問題はなくdataを残したままの状態にできると思います。ですが、100%保証はできないのでそこは自己責任でお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> こちらの記事を参考にしたところ、無事にroot化できました。
> ありがとうございました!
>
> root化した後は、端末内に入れておいた、prerooted.zipファイルや
> SuperSUのzipファイルは、削除してしまって大丈夫でしょうか?

ご返答が遅れて申し訳ございません。

はい。削除しても問題ないですが、今後も端末を弄ったりするならいずれまた必要な時があるかもしれないのでPCには保存しておいてもいいと思います。 

コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> こちらの記事の通りにやったら無事root化できました!
> ですがモバイル通信ができなくなっちゃいました><
> どうしたらいいですか?

最近忙しくコメント返信遅れてすみませんでした。

おそらくroot化だけの手順を実行されたと思います、その場合グローバル版ではそれぞれのキャリアのAPN設定は残らないので、また自分で設定しなおす必要があります。 設定⇒その他の設定⇒モバイルネットワーク⇒アクセスポイントを開き、自分の使用しているAPN情報を入力してください。 自分のAPN情報がわからない場合は調べれば出てくると思います。

返事遅れてしまいましたが、もしよければお役立てください。

コメントありがとうございました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> 記事で、上記は自動再起動後の画面、ここから手動で再起動し、ボリュームボタン連打で二回目以降にリカバリを立ち上げると以下のようになります。
> 上の画像の状態から、この下の画像の状態の画面にならないのですが何か特別な手順があるのでしょうか?

最初にリカバリ(記事上での上記の画像)が起動したら、一番右下の「Reboot」を押して再起動して、SONYロゴが出たあたりでボリューム↓を連打すると通知LEDが紫に光り、下の画像のようなリカバリが起動するはずです。

これで起動しない場合はリカバリインストーラのverが上がって仕様が変わっている場合があります。
その場合は上記の画像のリカバリの「install」よりzipをインストールしても恐らく問題ないと思うので、それで作業を進めてみてください。

返事が遅れて申し訳ございません。 コメントありがとうございました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> こちらの記事を参考にしてやっとルート化出来ました
> Z3 SO-01Gを使ってまして自分は海外版でもよかったので海外版のままなのですが、充電器を挿したり、電源ボタンを押したりすると
> XPERIA Z3
> と出てきて店頭デモと思われる映像が流れ出します。
>
> タッチするとホーム画面へ戻るのですが、ホーム画面から削除したはずのウィジェット?がまた復活していたり、輝度やら音量などが初期設定に戻ってしまいます。
> 初のルート化なので全く知識がありませんが、どうか力を貸してください
> 海外版ではなく、国内版にすればこの現象が治まるのでしょうか?


お返事が遅れて大変申し訳ございませんでした。

おそらく「スマートコネクト」というアプリが一覧にあるとおもうのですがそちらの設定を変えることで直すことが可能だと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> リカバリとは何でしょうか?
> それと、「5 prerooted.zipを焼く」以降何をすればいいのか分からないので画像付きで記事にしていただけると幸いです。

返事が遅れてしまい申し訳ございませんでした。

実は今、Z3本体を修理に出しており、画像を撮れない状況です。


説明だけ一応させていただきますので参考にお願いします。

ここで説明しているリカバリは、必要なファイルを揃える手順で行った、Lockeddualrecoveryのことです。これを導入することによって、システムのバックアップや復元、ROM焼きなどを行うことができます。


そして5番目以降の手順は、リカバリ起動後、メニューより、InstallZipを選択し、choose zip from より、準備した一式のzipファイルのディレクトリを選択します。 ファイルを選択すると、メニューが出るのでYesを選択しprerootedから順にzipをそれぞれ焼いて、完了後、リカバリのトップメニューへ戻り、Rebootを選択します。 これで完了となります。


画像用意出来ず申し訳ございません。 もし他に不明点などある場合はまたコメントでお願いします。
修理戻ってき次第追記します。
プロフィール

たかみ.はや

Author:たかみ.はや
携帯端末とPCとオーディオ機器、最近はまったく見てないけどアニメが好きなオタクです。

このブログはうちではじめてネットを契約した時に作りました(WiMAX)

書く内容は愚痴とアニメ系、たまにスマホとかそれ系統、あんま更新しない上に、このブログは非公開にしてある記事、書いても公開にしなかった記事がいま70ありますので投稿数は察してください、けれどプロフも更新したし、バイトとか学校とかいろいろ忙しいけどこれからはもうちょい更新したいと思ってます。

最後にPC構成

CPU intel Core-i5 4570
マザー Fatal1ty H87 Performance
SSD TOSHIBA (型番後ほど記述) 128GB いつかRAID0したい
メモリ UMAX DDR3-1600 4GB x2
OS Windows 8.1

ケースはメーカー不詳のジャンクATXケース

端末 Xperia Tablet Z ,Xperia Z3,ASUS MEMOPad731,iPhone5s(売却),Xperia Z1f ,SH-06E ,SHL23 ,Xperia X10 ,中華タブ N70 HD(故障) その他もろもろありましたが、父親と弟に一台ずつ譲りました。

ROM焼きだとか、root権限取ってりしていじったりするのが好きです。

回線 いまは5回線だけ
自宅回線 auひかりホーム

音楽ジャンル
気に入ればなんでも聴きますが、基本的にフォークソングや歌謡など(1970~90あたり)とアニソン、ドルソン中心、最近は音ゲー曲もよく聴く。

jubeatやってます。 下手くそ(エアレ難民です)

追加情報 http://twpf.jp/i5_4570_h87

Twitter @i5_4570_h87

お問い合わせはTwitter or Commentでお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Count
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。